企業再生・会社再生|株式会社グッドフェイス
再生?清算?株式会社グッドフェイス
相談も分析も無料です。

あなたの会社をチェック

  • 資金繰りに毎日追い回されていて、不動産を競売にかけるしかないと思っている。
  • 今回は会社を潰すが、今後のリベンジのために資金計画をちゃんと建てたい。
  • 銀行の負債の負担が大きく、事業の目標が達成できない。
  • 任意売却を考えている、周囲の者も相談に乗ってくれるが…もっと良い方法あるんじゃないのか?
  • もうどうしても毎月の借金返済ができない。
  • 突然の不祥事で借入返済の見通しがあやしくなってきた。
  • 売上げが見込みより随分少なく、借金の返済方法を考え直したい。

1つでも当てはまる方、すぐご相談ください。

お問い合わせはこちら

あなたの事業を再生する5つの方法

あなたの事業は継続することができます

あなたの事業は継続することができます

ローンの支払いが滞り、不動産処分しなければならない状況の時、自宅を守る方法の一つとして、リースバック方式があります。
これは、第三者へ一旦売却をし、買い戻すまでの間、賃貸で借りる方法です。
買戻し期間としては契約形態で異なりますが、基本2~5年が目処となります。

お問い合わせはこちら

実はあまり知られていない、『債務0円』の落とし穴

実はあまり知られていない、『債務0円』の落とし穴

債権者との話し会いの中で、債務全額ではなく、残りいくらかを払ってくれれば終わりにしても良いといった話があった場合、放棄してもらった債務額は、その分の経済的利益を得たことになるので、放棄した額に対し税金(債務免除益)が発生します。
この債務免除益を踏まえて、放棄を受けるほうがよいか?他の方法が良いのか?を検討しなければなりません。

お問い合わせはこちら

事業を黒字化するもっとも早い方法

事業を黒字化するもっとも早い方法

2005年会社法の改正により、会社分割・事業分割が可能となりました。社内において、黒字部門と赤字部門があり、全体として赤字となっている場合、黒字部門を新会社へ営業権譲渡することにより、黒字と赤字を分けることが可能です。
赤字が残った会社は整理し、新会社へ営業権を譲渡することで、収入を確保し、事業を引き続き行うことが可能となります。

お問い合わせはこちら

怖い人達からあなたを守ります

怖い人達からあなたを守ります

法人のリスクヘッジ一般銀行等からの借入を断られ、資金繰りをする為にどうしても借りなければならない所から借りてしまったケースもあると思います。整理・再生の際には、怖い人達からの取立てが行われることも多く、無法な取立てから身を守る為の手段も講じます。

お問い合わせはこちら

売却後の生活のことも考えられる任意売却

任意売却は債権者と話し会いをしながら不動産売却を進めていく方法ですが、売却後、債務が残った場合には、もちろん返済義務があります。不動産を売却した後にも、家の家賃、生活費、その他の支払い等の生活費が必要です。売却後の生活設計がたたなければ、本当に解決したことにはなりません。
私どもは、ただ不動産を売却するだけではなく、生活の再スタートを目的とする任意売却を行います。

お問い合わせはこちら
売却後の生活のことも考えられる任意売却

グッドフェイスサポートチーム

高橋誠一

・大阪弁護士会法教育委員会委員
・大阪弁護士会刑事弁護委員会委員
・大阪弁護士会高齢者,障害者総合
・支援センター運営委員会委員
・保険問題研究会会員
・全国倒産処理弁護士ネットワーク所属
・日本公認不正検査士協会(ACFE)会員
・知的資産経営株式会社 取締役
・尼崎青年会議所会員

借入金の問題は人間の「病気」と似た状態です。早すぎることはありませんので、放置して末期状態になる前に何らかの処置を施した方が解決の選択肢も増えます。借入金の問題だけでなく会社経営全般について悩みをお持ちの経営者のお力になります。

大迫康二

・大迫司法書士事務所開設
・兵庫県司法書士会所属(兵庫第1285号)
・簡裁訴訟代理関係業務認(No.314014号)
・兵庫県司法書士会 新人研修委員会
副委員長
・兵庫県司法書士会阪神支部 副支部長
・社団法人西宮青年会議所 会員

私達は、依頼者の法的トラブルを未然に防ぐ使命があると心得ておりますが、昨今は司法書士の「紛争解決」の役割が重要視されており、他専門家とチームを組んで紛争予防と問題解決に努めてまいります。

西村栄勇

・朝日監査法人(現あずさ監査法人)
・西村公認会計士事務所設立
株式会社サイベック参画 ・任意整理、特定調停や民事再生等の法 的整理の申立方へのハンズオンコンサル ティングによるターンアラウンドマネー ジャー業務や民事再生の 監督委員補助 者業務を歴任。
・株式会社サイベック代表取締役(現任)

会社の事業計画にある『数字』を共通の言語として全利害関係者の協力を仰ぐことが出来るように『数字』を正確に策定することは勿論のこと、『数字』をもとに最前列に立って交渉するという独自のハンズオン型の再生支援スタイルを採用しております。

株式会社R&Cマネジメントは、警察OBが多く在籍し、警備を主たる業務とする日本パナユーズ株式会社のリスクマネジメントに特化した子会社です。法人の再生、清算をする場合、悪徳な金融機関や一般債権者の取立て、嫌がらせ等、様々なリスクが発生する恐れがあります。リスクは長引かせれば、時間、金銭、労力はもちろんのこと、精神的にも浪費してしまいますので、事前に不測の事態が起こらないよう計画を練り、対応をしなければなりません。もちろん不測の事態が起こった場合も早急に対応をさせていただきます。

川出弘美

・株式会社グッドフェイス代表取締役就任
・任意売却.com個人相談サイト運営開始
・任意売却.com法人相談サイト運営開始
・任意売却.com個人相談サイトポータルサイトとしてリニューアル。現在、各都 道府県にて任意売却.com相談サイトを展開中。

任意売却は、債権者と交渉しながら不動産を売却する手法です。売却後には、次の住居、事務所等の賃料、売却後の残債も基本的には支払い義務があります。単に不動産の売却だけでなく、売却後の生活の、様々な角度(法務、税務、会計等)の検討が必要です。任意売却.comは専門家チームを組むことで、あらゆる解決策を見出し最善の解決を導き出します。

感謝の声をいただきました

ご職業:自動車メーカー金型加工 処理期間:13ヶ月 債務金額:2億 処理方法:リースバック、事業継承

取引先のひとつに某大手車会社の部品製作をしておりました。昨今のガソリン高騰、その他様々な要因により、車の需要が減り売上減少があり、借入の返済が滞るようになりました。自宅、貸家住宅、工場が二つあり、どうにかして守る方法がないかどうか模索していました。そんな中、任意売却.comさんに相談したことにより、二つある工場のうち、機能を一つの工場へ集約し、残った工場を任意売却しました。自宅、賃貸住宅も守ることができ、債務自体は、民事再生を行い、債務額の圧縮をした後、代表者を息子に譲ることで事業の引継ぎを終え、無事にひと段落しました。


ご職業:乳製品メーカー代理店 処理期間:26ヶ月 債務金額:8億 処理方法:営業権譲渡、任意売却

某大手乳製品メーカー代理店をしておりました。商品を本部から仕入れ、ルート営業にて補填していく事業形態でしたが、コンビニエンスストアができはじめた頃から、販売数、取引先も減少するばかりで、売上が大きく伸びていくものではありませんでした。数年は現状を維持しておりましたが、売上の減少が止まらず、とうとう返済が滞るようになってしまいました。そんな時、任意売却.comさんに相談したことにより、賃借人や従業員、会社の取引先にも迷惑をかけず、計画的に私的整理を行えました。


ご職業:ビルオーナー 兼 薬品メーカー 処理期間:18ヶ月 債務金額:2億 処理方法等:会社分割、任意売却

都内に自社ビルを所有し、自社は薬品開発事業をしておりました。過去の設備投資資金や薬品開発等の費用で事業融資を繰り返し、気がつくと債務合計額は2億円近くとなっていました。このリーマンショックの不景気で、本業の売上にも影響がでてしまい、借入資金の返済が追いつかない状況となっておりました。すべてがなくなる事を覚悟で、任意売却.comさんにご相談に伺った結果、事業を残すことができました。本当に感謝しております。


ご職業:投資家 処理期間:4ヶ月 債務金額:1億 処理方法等:リースバック

退職後、株で順調に資産を増やしていました。リーマンショックの影響で、築いてきた資産をほとんど失ってしまい、自宅を担保に借入をしました。返済期限を延長で引き延ばしていたのですが、去年に返済期限の延長をしてもらえなくなり、このままでは、自宅を競売にかけられてしまうところまできておりました。その時、相談させていただき、リースバックという形で、一旦自宅を買い取ってもらい、賃貸で住み続ける状況を作っていただきました。2年後に息子の名義で買戻し予定です。本当にありがとうございました。

これまでによくいただいたご相談は?

なんとか工面してやってきたが、今月末の資金繰りがどうにもできそうにない、どう対応したらいいか分らない。

どんな支払いが迫っているのか、手形が不渡りになってしまうようなことなのか、緊急を要することであれば即対応を講じ なければなりません。
支払先がどのようなところなのか、再建計画を作成する時間を稼げないか、他に資金調達の方法がないか等、緊急対応を考えますので至急ご連絡ください。


資金繰りが厳しくなってきたので不動産を処分したいんだが、任意売却できる可能性は?

任意売却物件とは担保物件が債務超過(実勢価格より借入残債価格のほうが大きい)の状態になっているときの物件をいい ます。
基本的には競売入札時までは可能です。 しかし、担保権者の同意を必要としますので、その交渉時間がかかることを認識して処理を進める必要があります。


今回は会社をたたむけど、すぐにでも会社を再建したいが方法はありますか?

会社分割か営業権譲渡により再スタートすることができます。 会社分割の場合は、債務整理の会社と負担のない運営会社とに分割しての、再スタートとなります。
営業権譲渡の場合は、新会社を設立し、代表者を別に人選し営業部分だけを新会社に譲渡し再スタートすることができます。


怖い人たちからの取立て、折衝はどうすればよいですか?

法的に対応できるところであるか、そうでないかを判断し、法的に対応できるところであれば、弁護士が対応します。 そうでないところには弊社と提携している警察OBの会社があなたに変わって対応いたします。


どれくらい費用がかかるのか?

まず、無償で貴社の現状分析を行い、費用については、その分析結果によりどのような対応、対策が必要かによりお見積書を提示し、ご相談したいと思います。


その他ご不明な点は、なんでもまずお問い合わせてください

今ならできることがあります

「任意売却」という不動産処分の相談窓口として「任意売却.com」というポータルサイトを運営して早5年が過ぎました。・・・実は告白します。
これまで数多くの全国からの相談を受けてまいりましたが、私自身何度か自分自身の会社や役員をしている会社を倒産させてしまったり、会社清算をした経験のある者です。今ならできることが、当初は初めての体験で、ただうろたえるばかり、根本的な解決策は打てませんでした。

昔は債権者の訪問に時間の制限はなく、電話は24時間なりっぱなしで、仕事も手に付かず、悪夢の毎日で、身の危険を感じたこともありました。
金策を考えると、胸がつかえ、胃痛で薬を飲んでもなかなか治らないのに、身の回りを探しても、適切な会社清算や再生スキームの相談に乗ってくれる人もなく、ただ途方に暮れた日々を送ったことを今も忘れません。

私達は業界の質の違いに注目し、各業界の専門家からチームを編成して、あなたの事業を再生させるためにはどんな施策が必要で、もっとも最適な解決方法は何なのかを適切に行います。
私の人生の教訓は 「決してあきらめない」ことです。早い判断が一番ですが、もうだめだと思ってもまだ方法はあるかもしれません。迷ったときはためらわず、お電話ください。

今ならできることがあります

ご相談内容をご記入ください。

ローン残高(万円) ※
債務状況 ※ 滞納前 滞納中 競売開始決定済
相談は ※ 電話無料相談 面談無料相談
ご相談内容

お客様の情報をご記入ください

お名前(漢字) ※
連絡可能時間帯 ※ 午前(9:00~12:00)  午後(13:00~17:00)  夕方(17:00~19:00) 夜間(19:00~21:00)
メールアドレス ※
メールアドレス(確認) ※
ご住所